グローバルになりたいパパエンジニアがやってみた

iOS、Android、webアプリ、一通りやりました。英語勉強中。

【英語で学ぶ英語】現在形と現在進行形の本当の意味

英語の勉強としてアメリカの小学校で扱われてる教科書が良いというのを何度か見かけたので自分も毎日それを使って勉強するようにしてみた。
そこで説明されてた現在形と現在進行形について、あーそうだっけか?と思ったことがあったので紹介してみる。

"現在形"の英語での説明

教科書によると、

We use the simple present to talk about things in general. We use it to say that something happens all the time or repeatedly, or that something is true in general.

と書かれている。訳すと、

現在形は一般的な物事を話すことに使う。いつも起きたり、繰り返し起きたり、一般的に真実であることを話すときに単純現在形を使う。

となるかな。単純に「(人や物事が)〜する」というわけではなく、いつでも変わらないことや事実について話すときに現在形を使うということがわかる。
「My parents live in Japan.(私の親は日本に住んでます - 変わらないこと)」、「Water boils at 100 degrees Celsius.(水は100度で沸騰する - 事実)」などがその例になる。

"現在進行形"の英語の説明

次に現在進行形(be動詞 + 〜ing)についてはこう書いてある。

We use the continuous for things happening at or around the time of speaking. The action is not complete.

訳すと

話をしてる時点での出来事、もしくは話をしてる時点の前後での出来事に対して進行形を使う

になるかな?日本では単純に「〜している」、「動作が進行してること」などと習ったような気がします。この教科書では「話をしてるときに起きてる出来事」というように、より具体的なイメージを説明してます。
時間軸で説明すると、"過去 - 現在 - 未来" が現在形の扱われる時間の範囲であることに対して、現在進行形は "現在" だけに焦点が当てられています。

現在形と現在進行形の文章を比較してみよう

上記のような現在形と現在進行形にニュアンスを知ってると以下のような文章の違いを感じることができる。

He is selfish. He is being selfish.

実際に教科書で扱われていた文章の例なのだけれども、解説すると"He is selfish." と聞くと、彼が自己中な性格なのが推測できる。一方で"He is being selfish. "と聞くと、このことについて話してる時点だけを見ると、彼は自己中な振る舞いをしてるんだけど、いつもは違う(かもしれない)、ということまで意味が推測できてしまうのだ。

現在形と現在進行形はほぼ最初に習うことだと思うけど、こうして改めて英語で意味を勉強し直してみると新しい発見があるので面白い。
紹介してくださってた方々ありがとうございます。